≪ヨーロッパ・ウェディング≫

                  @euro_tour
ヨーロッパ旅行情報 ヨーロッパ絶景ホテル フランス古城ホテル ドイツ古城ホテル ベルギー古城ホテル
英国・古城ホテル&マナーハウス オーストリア古城ホテル スペイン・パラドール ポルトガル・ポザーダ
パリのプチホテル パリのアパルトマン フランス、田舎のプチホテル&オーベルジュ
ヨーロッパ豪華ホテル 美食の旅、ミシュラン星付きレストラン

◆ウィーン、『リヒテンシュタイン美術館』で思い出に残る結婚式はいかが?
 5世紀にわたるヨーロッパ美術の秀逸品を数多く所有する素晴らしいリヒテンシュタイン美術館で、忘れられない結婚式はいかがですか? 結婚式にご招待したお客さまに、広々と吹き抜けるサラ・テレーナに立つ金の馬車の前でご挨拶をなさるのはいかがでしょうか?
 この馬車は1738年にリヒテンシュタイン侯ヨゼフ・ヴェンツェルがマリア・テレジアの長男ジョーゼフ1世の妻、ブルボン・パルマのイザベラがウィーンにお嫁入りするときに貸し出したものです。
結婚式可能日
月曜日、水曜日、金曜日(毎16時)
土曜日(毎10時、12時、14時)
料金(お客様が直接美術館へ手配された場合)
1.700ユーロ(ホール使用料、ブーケ、結婚登記所関係者、椅子、音響施設が含まれます。税込)
※希望によりダンスのレッスンも受けられます。オーストリアの結婚式では、最後に新しいカップルを祝って小さい舞踏会になります。
カナッペ
セレモニーのあとには、おいしいカナッペと侯爵家で作られているシャンペンをご用意することができます(この場合、お一人さま12ユーロになります)。
情報提供:オーストリア政府観光局
□関連ホームページ

 「Liechtensteinmuseum」のWeddingページへ。 

◆スイス、ルツェルン『メッケンホルン城』 
 中央アルプスを眺める湖畔にたたずむメッケンホルン城のゴシック・チェペルで挙げるウェディング・パッケージ。
 パッケージの中には、ウェディングドレスのレンタル、専用車の送迎(オプション:馬車による送迎)、結婚記念証、シャンパン、式場を飾る花、城のゴールデンブックへの記帳等が含まれています。
□現地受入先:ルツェルン観光局
 「Luzern Tourism AG - Tourist Board」のページへ。  

◆スイス、グリンデルワルド『ホテル・レジナ』挙式パーケッジ。 
 グリンデルワルドで唯一の5つ星ホテル「グランドホテル・レジナ」では下記のウェディングパッケージを設けています。
1)スイートルームでの挙式
  ホテルのスイートルームで厳粛に行われます。
2)セント・ベトロネッラでの挙式
  標高2000mのフィルストにある「セント・ベトロネッラ」チャペルでの挙式です。
3)ムットホルン山頂での挙式
  グリンデルワルドからムットホルン山頂へはヘリコプターで向かいます。壮大な自然の中での挙式は一生残る思い出となるでしょう。
□関連ホームページ
 「Grand Hotel Regina」のページへ。  

◆オーストリア、ザルツブルク『ミラベル宮殿』 
 あのロマンチックなサウンド・オブ・ミュージックの生まれた街。あれは、ザルツブルクの実話です。オーストリアで最も美しいバロックの街とは、今日のザルツブルクの代名詞、もちろんモーツァルトの生まれた街です。
 ヨーロッパでも最も美しく由緒あるミラベル宮殿での挙式は、最高の思い出となることでしょう。
□関連ホームページ
 「PANORAMA TOURS」のページへ。  

◆ザルツブルク『古城ホテル・メンシュタイン』 
 ザルツブルグの丘に建つ「古城ホテル・メンヒシュタイン」では、城内のプライベートチャペルで挙げるウェディング・プログラムを組んでいます。
 5つ星のデラックスホテルのスイートルームに泊まってロマンチックな夜をお過ごし下さい。食事はウェディング・メニューのご用意があります。
□関連ホームページ
 「Schloss Hotel Moenchstein」のページへ。  

◆ベルギー、古都ブルージュ『市庁舎』 
 中世の栄光を今日に伝える荘厳なゴシック建築、市庁舎で挙げるウェディング。
 結婚式(約15分)は、ブルージュ市助役によって厳粛に行われます。ホテルよりの送迎、簡単な観光、お祝いのランチ、記念写真、記念品、花嫁のブーケがセットになっています。
○現地受入先:ブルージュ市観光局
□詳しくは、
 「ベルギー観光局、“ブルージュでの挙式”」ページへ。  

◆ベルギー、アルデンヌの森の古城『モダーヴ城』 
 ブリュッセルから車で約1時間、アルデンヌの森の中、崖の上にある古城・モダーヴの歴史は13世紀まで遡ります。17世紀当時の城主マルシャン伯が修復や増築をして現在の優雅な姿の城となりました。外観はルイ14世様式で、緑深い景色に溶け込み、美しく、ロマンチックです。挙式は城内にある純白のチャペルで執り行われます。
□詳しくは、
 「ベルギー観光局、“モダーヴ城での結婚式”」のページへ。  
 「Chateau de Modave, wedding」のページへ。  

◆ベルギー、レイエ地方『オーイドンク城』 
 ブリュッセルから車で1時間、ゲントから車で30分のレイエ地方に優美な姿をみせるオーイドンク城。「レイエ川の真珠」と称される16世紀スペイン・フランドル風ルネサンス様式の代表的建築で、現在も伯爵家族が住むベルギーの代表的な城のひとつです。四方を水に取り囲まれたその外観はもちろん、歴代の城主の遺した調度、絵画、タペストリー、陶器、金銀器などのすばらしいコレクションも魅力的です。結婚式は城内のチャペルで神父によって執り行われます。
□詳しくは、
 「ベルギー観光局、“オーイドンク城”でのウェディング”」のページへ。  

◆ドイツ、古城街道『ホルンベルク城』 
 古城街道沿いの古城の中でも、ゲーテの戯曲にもなった実存の「騎士ゲッツ」ゆかりの城として名高いホルンベルク城。ハイデルベルクの東方約50km。17世紀に城主となった貴族の末裔が経営する古城ホテルでもあります。隣接する森の中にある城主所有のチャペルが挙式の場所となります。「騎士ゲッツ」による歓迎、ネッカー河を見下ろすパノラマレストランでのカフェやディナー、もちろんスイート宿泊など、お好みでアレンジすることができます。
□関連ホームページ
 「Hotel-Restaurant Castle Hormberg」のページへ。  

◆ドイツ、ファンタスティック街道『ホーエンツォレルン城』 
 ドイツ最後の皇帝の居城、ホーエンツォレルン城は、現在も直系の末裔の住まいとなっています。城内の「礼拝堂」で挙式、「騎士の間」で披露宴をアレンジ。二人だけのキャンドルライトディナー、花で美しく飾られたリムジンでデラックスホテルへの送迎などのアレンジが可能です。
 パッケージには、挙式、ブーケとブートニア、ガイド付き城見学、シャンペン歓迎、フラワーアレンジメント、オルガン演奏、結婚記念証、日本語通訳を含んでいます。
□関連ホームページ
 「Burg Hohenzollern」のホームページへ。  

◆ドイツ、ロマンチック街道『ロイヤル・ウェディング』 
 バイエルン王ルートヴィッヒ2世の夢城、ノイシュヴァンシュタイン城から約5kmにある聖マンク修道院の「プリンセス・ホール」が式場となります。
 ホールはバロック調の天井や絵画、鮮やかな色彩の壁画レリーフ、大理石の柱で飾られた芸術作品のような式場です。ノイシュヴァンシュタイン城をバックにした撮影ツアーなどを含んだパッケージプランが用意されています。
□現地受入先:Royal Wedding Service
 「Royal Wedding Service」のホームページへ。  



ユーロツアー・ホームページへ!
かんたんホテル予約・最安値保証!!


≫『かんたんホテル予約』モバイル版






 フェリーかんたん検索
★ヨーロッパ最大、80以上の一流フェリー会社、
1400以上の航路から選ぶことができます。


(c) 1997 - 2014 Euro Tour Systems Co.,Ltd.